"VIP"の記事一覧

ブラブラヘッドライン

【知らないとヤバイ】作業員「なんやこのボタン? 押したろw」プシュッー → 結果


sagyouin_man05_idea.png

1: 2021/01/24(日) 03:55:12.74 ID:Zb6UFiAO0


【速報】東京・港区の地下駐車場 二酸化炭素を誤って噴霧 2人死亡1人重体

東京・港区のビルの地下駐車場で消火設備の点検作業中に二酸化炭素が充満し、作業員3人が病院に搬送されたが、このうち2人が死亡、1人が意識不明の重体。

23日午前11時ごろ、港区西新橋にあるビルの地下駐車場で消火設備を点検していた作業員から「点検中に二酸化炭素を噴霧してしまった」と110番通報があった。

この事故で、作業員の男性3人が病院に搬送されたが、2人が死亡し、1人が意識不明の重体だという。

当時、6人で作業をしていて、ほかの3人は自力で避難したという。

点検中の作業員が誤って消火設備を作動させてしまったとみられ、警視庁はくわしい状況を調べている。

https://www.fnn.jp/articles/-/134849


続きを読むread more

0コメント

【衝撃】マンションの住人が一斉にウ○コ流した結果wwwwwwwwwwwwww


toilet_nagasu_foot.png

1: 2021/01/23(土) 21:21:37.45 ID:vOXn+KqL0●.net BE:992695496-2BP(2000)


マンション全戸「トイレ一斉使用」何が起きるか
https://toyokeizai.net/articles/-/405149

(前略)

「あのー、唐突におうかがいしますが、高層マンションの全戸のトイレを一斉に流したら、下層階であふれるでしょうか?
 理屈で考えると絶対に配管が詰まって、下層階で噴出するんじゃないかと思うんですが、どうなんでしょうか?」

西川さんが質問する。率直すぎるほど率直である。よほど知りたかったのだろう。

すると、室長も率直に答えた。「もし全層で同時に水洗したら、下であふれます。100%噴き出します。
いきなり排泄物が飛び出すことはないと思いますが、落ちてくるものに押されて、空気は間違いなく噴きます」

「えー!」こちら2人はそろって声を上げてしまった。あふれたらすごいなあ、と期待しながらも、それでも、よもやあふれることなどないだろうと思って
取材にやってきたのだ。ところが、室長はこともなげに「あふれる」と言うではないか。

「規模にもよりますが、マンションの縦配管は直径10センチメートル、横引き配管は20センチメートル程度です。設計上は、同じタイミングでトイレが流されるのは、
諸説あるものの、15層で1つと考えることが通例となっています。もし15層のうち、2層以上の水洗が重なったらあふれることになります」

ごまかさずにきっぱりと答える室長の、なんと格好いいことか。


以下クソソース


続きを読むread more

1コメント

【秘宝】日本政府「コスプレして稼いだら著作権侵害な」コスプレイヤー「え...おしまいじゃん...」


copyright_building.png

1: 2021/01/23(土) 19:39:54.79 ● BE:485983549-PLT(13346).net


コスプレ著作権ルール化へ
政府、海外展開を後押し
https://this.kiji.is/725651339103485952

クールジャパン大使に任命された人気コスプレーヤーのえなこさん(右)と写真に納まる井上クールジャパン戦略相=2020年12月、東京都内


続きを読むread more

2コメント

【神対応】マックで新人店員に「これ」ができない奴wwwwwwwwwwwwww


mask_reji_fastfood_man.png

1: 2021/01/23(土) 17:15:55.081 ID:H2pjsL6V0

店員一同「いらっしゃいませー」

俺「はいはーい」

新人「い、いらっしゃいませ、こ、こちらで・・?」

俺(お、新人ちゃんか)
ここでネームプレート確認(←伏線)

俺「持ち帰りでお願いします」ニコニコ

俺1つずつゆっくりと注文を済ます(何回も聞き返されたりするが終始笑顔)

5分後~

新人「お、おまたせ、しました!あありがとうござい、ます!」

俺「こちらこそありがとう、だけど井口さん」

井口さん「!?!!?」

俺「スマーイル」ニコッ

井口さん「ハッ!」

俺「忘れないでね」ニッコニコー

かっこよすぎワロタwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


続きを読むread more

2コメント

業者「1300万円で息子を公正させます」母「是非!!」息子(48)「え!?」→ 結果がヤバイ...


neet_erasou.png

1: 2021/01/23(土) 08:23:15.47 ID:XN8z2Uh1a●.net BE:182311866-BRZ(11001)


https://digital.asahi.com/sp/articles/ASP133R7TNDXUUPI007.html

20年に及ぶひきこもりの生活から自立に向けて歩み出したはずの息子が、アパートでひとり、亡くなっていた。残された母(81)は、長男タカユキさん(当時48)の死の理由を今も問い続けている。
ひきこもり支援をうたう民間施設に入所するためにタカユキさんが家を出たのは、ちょうど4年前のことだった。
2人で暮らしていた埼玉県の家に、民間施設「あけぼのばし自立研修センター」(東京都新宿区、2019年12月に破産)の職員ら5人がやってきたのは、17年1月。
タカユキさんを「説得」し、部屋から連れ出すためだった。

「自立のプロにお任せください」「就職後も毎日報告を受け、面談を繰り返し(中略)フォローを続けます」――。頼もしい文句が並ぶパンフレット。
赴いた説明会で、半年間の「研修費用」が910万円と聞いて驚いたが、「長期化、高齢化するほど解決が難しくなる」と担当者に迫られ、契約した。
夫と建てた自宅を売却してまかなうことにした。

契約期間の半年が過ぎても就職は決まらず、タカユキさんは17年8月、熊本県湯前町にあるセンターの研修所に移ることになった。
母は追加分の費用として380万円を支払った。ほどなくして、日誌など定期的なセンターからの報告は途絶えたというが、その年の12月に地元の介護施設に就職したことは、担当者から聞かされた。
直接連絡を取らないよう指示されていたため、懸命に耐えていたという母。「もうすぐ元気になったタカユキに会えるねって、私も娘も楽しみしかなかった」。
だが19年4月、朝方に携帯が鳴った。センターの職員に「息子さんが亡くなりました」と告げられ

家賃の引き落としが滞り、不動産会社から連絡を受けた研修所の職員が部屋を訪れ、遺体を見つけたという。
母が医師から聞いた話では餓死も疑われ、死後約1~2週間が経っていた。
地元の警察署で対面したタカユキさんはひげが長く伸び、別人のようにやせこけていた。部屋にあった小さな冷蔵庫の中は空だった。
就職はしたものの再びひきこもり、食べ物も底をついたのだろうか。部屋にあった離職票をみると、タカユキさんは9カ月も前の18年7月に、介護施設を退職していた。
契約書には、就業してからも継続的にタカユキさんの指導や支援を行うことが明記されていたが、職員は退職したことすら知らないようだった。
預金通帳の残高は1万5342円。最後に3千円を引き出したのは、遺体発見から2カ月以上も前のことだった。
(以下ソース)


続きを読むread more

4コメント

車椅子女子「私の車椅子を押す人が周りに『すいません』って謝ってた。私は邪魔者なのか」


kaigo_kurumaisu_woman.png

1: 2021/01/23(土) 04:48:51.14 ID:TOsLI6if0


曽塚レナLena Sodska@sodskalena
小さなことなんだけど、車椅子を押してもらってる時、押してくれてる方が周囲に「ごめんなさい、すいません」と頭を下げ続けていると落ち込みます。
わたし自身が荷物や邪魔な存在かのように感じてくるからです。
駅員さんでも同じです。「ご迷惑おかけします」と言う言葉に密かに傷ついてしまったり。

いいね:2,000
リツイート:938


続きを読むread more

28コメント

ゲーム開発者「開発に2年費やしたゲームが10本も売れなかった...もう就職します」


job_programmer.png

1: 2021/01/22(金) 22:58:33.13 ID:bkSZZ3Cj0.net BE:115245915-2BP(1000)


個人開発者しふたろう氏は1月21日、自身のサイトにて「2年費やしてSteamでリリースしたゲームは初週で10本も売れなかった」と題した記事を投稿。衝撃的なタイトルおよび内容であるとして、SNSなどを通じて話題にのぼっている。なお本稿については、しふたろう氏に今回の件を取り上げることについて許諾をいただいている。

売れなかった

記事の内容としては、しふたろう氏はSteamにて2020年9月に『KONSAIRI』なるゲームをリリースしたが、初週で10本も売れなかったと報告。もともとitch.ioやboothにて販売していたが数字が芳しくなく、Steamでのリリースに期待を寄せていたが、前述したような結果になったことがショックであったという旨の心境を綴っている。

宣伝手段としてはTwitterの告知やPVの作成、エア化した同人イベントの参加、キュレーター経由のキー送付、有料のPRマーケティング、ゲームメディアへのプレスリリースの送付などをしたが、いずれも効果がなかったと報告。今後はゲーム開発をやめ、新しい仕事をしていくと綴った。詳細やニュアンスは同氏のホームページを確認するほうが正確だろう。

では『KONSAIRI』はどのような作品なのだろうか。同作は、2D横スクロールアドベンチャーゲームと紹介されている。主人公となるのはコギツネルース。キツネを操作し根菜を見つけて、弱っている島の住民に料理してあげる。ダンジョン探検をまじえつつ島を歩いていきながら、根菜を見つけて料理をしていくというのが、本作の大まかな流れとなる。実際プレイしたところ、クセがある作品なのは確か。根菜を抜いて料理するというユニークなシステムが導入されている一方、それらがうまくゲーム内で説明されておらず、デモなどをプレイしてすぐに投げてしまうプレイヤーもいるだろう。

また本作はピクセルアートゲーム制作に特化したエンジンPICO-8にて開発されており、画面比率は16:9どころか1:1。画面自体が特殊な上に、デザインの関係で背景とテキストがかぶったりと、視認性にも障害がある。しふたろう氏もそうした背景を理解しているのか、Steamストアの説明は丁寧でかつゲームマニュアルも公開中。とはいえ、さまざまな面でわかりづらさという課題を抱えている。

では『KONSAIRI』はただわかりづらいだけの作品なのかというと、そうではない。光る魅力があるゲームだ。ピクセルアートで描かれるルースはドット絵でかわいく表現されており、動きも多彩。世界観全体がまばゆいほどのピクセルアートと“ケモノ愛”であふれている。根菜を抜いて料理するというシステムも、演出・システムともにこだわられている。ステージは15種類と多彩で、ダンジョンシステムも融合させるなどシステムも野心的。ゲーム各部分に、しふたろう氏ならではのアイデアが詰め込まれている。もちろん、ゲームへの意見は個々によって異なり、独創的なアイデアがゲームとして噛み合っていないと批判することもできる。しかしながら、『KONSAIRI』にはしふたろう氏の愛が込められているのは確かで、ビジュアルやシステム面で特筆すべき部分があるというのが筆者の感想だ。つまり、ゲームがダメだから売れなかった、と単純に切り捨てるべきではない。

トレイラー
https://youtu.be/XDi4-SSDqW8


no title

https://automaton-media.com/articles/newsjp/20210122-149815/


続きを読むread more

1コメント