ブラブラヘッドライン

【画像】コロナで愛車を960円で売った。これ訴えたら勝てる?【貧乏】


binbou_man.png

1: 2020/07/02(木) 20:07:06.621 ID:+PC7/Q3Z0

画像の通りコロナでお金無くて自動車税も払えずに愛車を泣く泣く売ったんだけど
最初12000円って言われて
自動車税4ヶ月で15000円だから無理だと断ったら15000円にしてくれて
預託金込み29040円かぁ
いい人だなぁと思って頷いてサインしたら 
まさかの預託金込みと言われた
更に振込み手数料 住民票 印鑑証明もこっち負担で必要で
サインしたんだから売ってもらわなきゃ困りますって迫られて
結局車両価格960円で買い叩かれた
俺の愛車はこんな価値だったのか?悔しい


no title


続きを読むread more

6コメント

【画像】ファミマが新しく導入する「ロボット店員」がこちら【2022年】


robot_telepresence_avatar_woman.png

1: 2020/07/01(水) 14:03:37.04 ID:wg+GmqqZ0●.net BE:166962459-2BP(2000)

http://img.5ch.net/ico/ahaa_1.gif
no title


ファミリーマート、ロボット導入で省人化。2022年に20店舗

ファミリーマートと、ロボティクス企業のTelexistenceは、コンビニの店舗運営を、遠隔操作ロボットで行なうためのプラットフォーム開発について協業することに合意した。
今夏から都内店舗でロボットを投入し、2022年に最大20店舗への展開を目指す。

Telexistence製のロボットと、Augmented Workforce Platform(拡張労働基盤、以下AWP)を活用し、コンビニ運営で工数が大きいとする商品検品・陳列業務を、遠隔操作化・自動化する。
これにより、物理的な店舗立地に制約されない、自由度の高いスタッフ採用や、店舗の省人化が可能な新しい店舗オペレーションを開発する。

協業の第1段階として、今夏から都内のファミリーマート店舗で、商品陳列業務などを行なうロボットとAWPを導入。2022年までには20店舗を目指し、多店舗展開が可能な取り組みについては、
順次導入を拡大する。

Telexistenceは、遠隔操作・人工知能ロボットの開発と、それらを使用した事業を展開するロボティクス企業。AWPはマイクロソフトのAzureを採用している。

https://www.watch.impress.co.jp/docs/news/1262362.html


続きを読むread more

9コメント